See more details
Title List

FXで大切な勝率とリスクリワードのバランス方法

このブログを応援してくださる方は、クリックをお願いします
↓↓↓



FX初心者 ブログランキングへ





リスクリワードと勝率



リスクリワードと勝率



あなたは勝率さえ良ければ勝てると思っていませんか?
だから高勝率のロジック/手法を探しているんじゃないでしょうか?



もしそうだとしたら
非常に危険です



「高勝率のロジックの罠を知って勝ちの仕組みを知る方法」でもお伝えしましたが



勝率が良くても勝てないことはよくある話です



まず初めにリスクリワードとは何か?
をおさらいしましょう



リスクリワードとは?


dice-586123_640.jpg



平均利益pips数÷平均損失pips数で計算されます



例えば、平均損失pips数が10pips、平均利益pips数が10pipsだとします



この場合のリスクリワードは、

10pips÷10pipsになりますので、

”1:1”になります



ですから、平均損失pips数が10pips、平均利益pips数が20pipsでしたら、

10pips:20pipsになりますので

この場合のリスクリワードは、

1:2になります



このように簡単に計算できます



また、このリスクリワードを使って将来の損益も計算することができます
FXの将来損益=リスクリワード×勝率×トレード回数




リスクリワードと勝率


リスクリワードと勝率のバランス



では具体的に
このリスクリワードを使ってどのようにトレードをすればいいのでしょうか?



トレード前にリスクリワードを確認するのはおそらくやっているかと思いますが
具体的にどのくらいのリスクリワードならやるやらないというのを
自分の勝率と相談して決めるといいと思います


例)

ST20
TP10

リスクリワードレシオ 0.5
必要勝率 66.67%
これは自分の勝率がもし67%無い場合は、
損切幅が20pなのに対して狙えるピプスが10pしか無い場合はやらない


ST20
TP25

リスクリワードレシオ 1.25
必要勝率 44.44%
一方で同じ損切幅20pでもターゲットまで25pまで狙えそうなら場合
勝率が45以上あるならやってもいいトレード


ST7
TP10

リスクリワードレシオ 1.43
必要勝率 41.18%
この場合は自分の勝率が42%あれば
やる価値が有るトレード



勝率とリスクリワード まとめ




リスクリワードと勝率



こんな感じに
自分の勝率が分かっている場合は



「トレード前に」やる価値あるトレードかなぁって考えるひと手間を加えると
無駄なトレードが減るかもしれないです



今後の課題




基本はリスクリワード 1:1無いとやらないと決めていても、どうしても狙いたい時に使ったり
場面の絞り込み、自分のパターンじゃないとやらない、期待値が無いところではやらない
もっと「勝てるシステム」作りに焦点を当てて行きたい



これを書いた半年後の記事


勝率の関連ブログ記事:「高勝率ロジックの罠を知って価値の仕組みを知る方法」



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Forex Tester3(フォレックステスター3)の詳細はこちら→安く買えるかも?!

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK